統合失調症患者が「私は知能が高い」と思い込む本当の理由
私たち個人が起きている時に見えている『現実世界の空間』と
夜寝ている時に見る『夢の世界の空間』 
の2つの『世界の空間』は実はまったく同じ存在である
どちらも脳が物理演算してシミュレートしたトンネル型のスクリーンに映し出される『世界のモデル』である

健常人の脳内のスクリーンに『世界のモデル』が映し出される過程である
脳のニューロンの発火パターンは
熟練した手品師の手先のように器用で
努力を要することなく私たちがその脳の存在に気付かないほど速くまた信頼できる

統合失調症患者の脳はぶきっちょ(不器用)で
脳内のスクリーンに『世界のモデル』が映し出される過程に努力を要し
私たちは何かがおかしいことに気付く

恐らくは統合失調症患者がその努力を要するという感覚が
困難を克服しようとしてる「僕は凄い」という思い込みと
「私は知能が高い」のだと言う
感覚を引き起こしているのである
  • エンジェル・ダスト
  • URL
  • 2017/03/31 (Fri) 08:23:20
Re: 統合失調症患者が「私は知能が高い」と思い込む本当の理由
統合失調症患者の言動や振舞は他者から見ると逸脱行為が目に付く

逸脱行為とは「他者から見ると間違った言動や行為」ですが

自分の欲望や願望の衝動のままに正直に言動や行為を人前ですれば
他者に嫌がられることが理解できないというのが
統合失調症患者が逸脱行為を止められない原因です

統合失調症患者にありがちなのが自分の知能が高いと己惚れた自慢の書き込みをブログやネット掲示板ですることがあるのですが

本人は自分の知能が高い事を証明したくて
その願望に正直に自分の知能がそこそこ高いと自慢したことを書いていて
他者に同意してもらえると思っているのですが

他者から見ると
「その己惚れた心は治さねぇとダメだろ」と
逸脱した無配慮な言動と捉える人もいるのです 

統合失調症患者本人はそういう自分の願望のままに正直に知能が高いと自慢する言動を人前ですると
不愉快に思う人もいるということが見えていないし理解できないのです
  • エンジェル・ダスト
  • URL
  • 2017/04/21 (Fri) 18:38:49

返信フォーム






プレビュー (投稿前に内容を確認)