存在 意識 至福

ヨガでは、われわれの本性は至福である、とされています。

インドの聖者、ラマナ・マハルシさんは、覚醒とは存在 意識 至福 であると仰っておられます。


つまり、われわれ一人一人(のようにみえている)は、

至福そのものである、ということになります


そうでないと感じたら、認識したら、意識したら

それは偽り、ということになります


そうでないと捉えるのは、われわれのエゴ、表面意識、顕在意識

だけであるのかもしれません


しかしながら、

至福の存在であるわれわれをどのように実感、体験するのか?

それを遮っているものが、自身のエゴ、顕在意識、表面意識だとするならば、

なぜそのように遮るのか?


この辺りが、私自身を含めて、疑問が拭い去れないように感じます



迷える子羊たち

迷うこと自体が、体験したいこと

あるいは迷いを克服することが至福


というような説明を聞いても、言葉だけがスーッと

すり抜けてしまうような感もあります


根源が至福ならば、

限りなく自然に体感、実感できるような気がしておりますが、

いかがでしょうか?


ありがとうございます!

  • 今人
  • 2017/05/17 (Wed) 20:50:11
幼子のように生きる Re: 存在 意識 至福
今人さん

こんにちは。

【ナルニア国物語】の著者として有名な英文学者CSルイスはたびたび、理由もなく【joyジョイ】の感覚に教われたそうです。

強いて日本語にすると至福と訳すのが適切なのかもしれません。

ナルニア国物語はアセンションについて書かれているとも言われています。

そのためルイスが感じていたjoyジョイの感覚は五次元意識、愛と感謝の周波数、ワンネス意識から来る感覚なのかもしれません。

実は私も一昨年のゴールデンウィークに、朝目覚めたら至福の体験をしました。

何もかも静まり返ってただそこにある、存在しているだけで、ただただ幸せでした。

もう何も要らない、ただ存在するだけで良い感覚でした。

その後、時々この至福の感覚を感じます。

多くはただ幼子の如く何も心配せず、何も考えず憂えず、今ここに居るだけの状態のときです。

ただあるだけの静まり返った心境です。
  • アンジュ翠
  • MAIL
  • 2017/05/18 (Thu) 16:56:49
Re: 存在 意識 至福

アンジュさん、レス、ありがとうございます


【ナルニア国物語】の著者として有名な英文学者CSルイスは
たびたび、理由もなく【joyジョイ】の感覚に…

そうだったのですか
ナルニア国物語は、タイトルだけしか側聞しておりませんが、
機会をみつけて、ひも解いてみます

ご案内、ありがとうございます


実は私も一昨年のゴールデンウィークに、朝目覚めたら至福の体験をしました。
何もかも静まり返ってただそこにある、存在しているだけで、ただただ幸せでした。
もう何も要らない、ただ存在するだけで良い感覚でした。


そうでしたか
実は、私も、数年前からそのような感覚に浸ることが、たまに起きてきます
アンジュさんもそうだと推測されますが、言葉で表現しがたい感覚…
あえて申せば、無色透明無音の空間温泉に浸かっているような…
何も要らない、そのまま居るだけで、限りなく心地よいのですが…
心地よいという対象さえないような感覚、です

おそらく、至福の一瞬なのでしょうね

しかし、その瞬間が永続するわけではなく、
表面意識、顕在意識、エゴが、すぐにしゃしゃり出て、
至福とは言い難い感覚に翻弄されてしまいます

ざっくりベースで言えば、
至福の瞬間 5%
エゴに翻弄されている状態70%
何も感じない状態25%くらい
でしょうか

この辺りの仕組みと、至福が本性であることとの整合が
とれていないような気がしております

例えば、大半が至福で、至福を感じるために、5割未満のエゴ状態に在る
というのであれば、ナチュラルな感じがいたしますが

一方で、さらに突き詰めると、無意識的な思い、想念の大部分に
われわれは気づいていない、というだけのことなのかもしれません

表面意識・顕在意識とまったく異なる、願望、願い、欲望、希望を
無意識は発しているのかもしれません


ありがとうございます!
  • 今人
  • 2017/05/18 (Thu) 19:26:59
後ろの正面、だ〜れ Re: 存在 意識 至福
今人さん

やはり数年前から至福の体験をしておられるようです。

私の今の状態は、自分の後方、背中側に大いなる存在が感じられていて
自分の前方にエゴや感情、感覚が感じられます。

その両方の存在を認識しているのが意識のようです。私の場合は。

今年に入ってから特に、後ろの存在、大いなる存在、ワンネスの方が次第に大きなウェイトを占めて来ていて、
2月中旬にエゴやマインドでは如何ともしがたい万事窮すの状態に陥った時、
エゴやマインドは全部を後ろの存在に託し、ついに宇宙に降参しました。

すべてお任せ状態です。

それ以来、願望をしなくても、アファメーションということをしなくても、
意図すれば現実が起こって来るという現象を体験しております。

マインドはただちょこちょこ動くだけ、エゴは辛うじてネームプレートとしてこの魂を識別する符号みたいになってます。

意識がチェス盤全体を俯瞰し、チェス盤上でちょこちょこ動いているエゴやマインド、起きて来る感情、感じられる感覚を観察しているという次第。

なんだかまるで以前と異なる心境です。

気づいたのは、感情というのはマインドがある物差しや基準によって自他を判断した時に起こるものだということです。
感情が激しく高まったときは、マインドが採用している物差しや基準に気づくチャンスです。

時間軸もすっかり乗り換え、過去や未来をあまり意識しなくなりました。

今ここに意識があることが多いので、少し前のこともあまりよく覚えておらず、健忘症みたいです。

心から好きなことしかできなくなり、嫌いなことはほとんどできなくなって来ました。
ユングの言うところの個性化なのかもしれないです。

まとまりのない文章を読んでいただき、感謝します。
ありがとうございます。
  • アンジュ翠
  • MAIL
  • 2017/05/18 (Thu) 22:34:16
Re: 存在 意識 至福
こんにちは。

今人さんの
>表面意識・顕在意識とまったく異なる、願望、願い、欲望、希望を
無意識は発しているのかもしれません

アンジュ翠さんの
>ユングの言うところの個性化

お二人の発言に反応して、書き込んでおります。

10日ほど前に、赤ちゃんが出てくる夢を見て、こういう夢は初めてだったのですが、
よい方向に流れ出している感触をもちました。

そして今朝も目覚める直前に、また赤ちゃんを育てている夢を見て、先ごろと周囲の雰囲気は違っても、
私が大切に育てている(育てようとしている)点は同じでした。

私は夢は友だちとして、思い出し意識に上げることはしても解釈はしないようにしていますが、
このところの流れは、私にしても個性化が進んでいるのかもしれないと思います。ただし私のレベルは、
いまだ心理学レベルの感情転移に驚かされることがあったりで、スピリチュアルを生きるために、
自我を養っている、スピリチュアルの旅に相応しく自我を統合させているレベルかと思うのですが。

お二人のような至福は体験したことがないのですが、
ふとした日常の中で、たとえばレジで順番を待っている様なときに、
大きな自己に捉えられたような、包まれたような、晴れやさを覚えるようなことはあります。

宇宙の波動と私の波動と、何かがカチッと一致した瞬間にふしぎが起こる気がしてなりません。

思いつくままに綴りました。ありがとうございます。
  • Kumiyamaya
  • 2017/05/19 (Fri) 11:46:37
Re: 存在 意識 至福

Kumiyamayaさん、こんばんは

メッセージ、ありがとうございます

私は夢は友だちとして、思い出し意識に上げることはしても
解釈はしないようにしていますが…

夢は友達
ナイスな表現ですね
そうとらえれば夢も本望、本質も本望、だと思われます
私もよく夢を観るので、そういうスタンスでありたい、と思いました


宇宙の波動と私の波動と、
何かがカチッと一致した瞬間にふしぎが起こる気がしてなりません。


私も折にふれて、そう感じてきましたが、
ひょっとしたら、常にカチッと一致しているのに、エゴや何かが
そうでない(と感じる)自分を創造しているのかもしれません


私の疑問のメッセージはここが源点です
ヨガやマハルシさんが仰る通り、
本性は絶対至福、というメッセージを素直に信じています


管理人さんやアンジュさんは、あらゆる体験をこなされておられるので、
異なる視点がおありになるかもしれません


ありがとうございます!

  • 今人
  • 2017/05/19 (Fri) 20:05:59
体験ベースに Re: 存在 意識 至福
Kumiさん、
>ふとした日常の中で、たとえばレジで順番を待っている様なときに、
大きな自己に捉えられたような、包まれたような、晴れやさを覚えるようなことはあります。

すでに至福の体験をされているように私には感じられます。

体験はある時向こうから起こって来るので、強いて求めなくていいと思います。

不思議な現象ですが、恩恵であり祝福ですね〜
  • アンジュ翠
  • MAIL
  • 2017/05/20 (Sat) 08:43:39
Re: 存在 意識 至福
アンジュさん、Kumiさん、今人さん、素敵な会話をありがとうございます。

みんな、それぞれに、自分の道をしっかりと歩んでおられると思います。
その様子を見ると、私も嬉しくなります。



>私の今の状態は、自分の後方、背中側に大いなる存在が感じられていて
>自分の前方にエゴや感情、感覚が感じられます。

アンジュ翆さんのこのお話は、私たちと神(仏、実在・・・)との関係をよく表していると思います。



私は、時々、「神に背中を向けなさい」という言いかたをします。

私たちは自分の前にある存在と向かい合うと、そこに無意識に対立関係を感じます。
神という言葉で何かの存在を想像すると、私たちは無意識に、それに向かって立ち、分離と対立の関係に陥ります。

(対立というのは必ずしも、戦いの関係ではありません。ただ、相手と自分がそれぞれに別個に存在を主張する関係です)


けれども、私たちと神の関係は分離対立ではありません。
私たちは神に抱かれている存在です。
神の内部に存在している存在です。
神に背を向け、後ろから抱きかかえられている存在です。



母親の膝に後ろ向きに抱かれて、絵を描いている女の子を想像してみてください。

女の子はチューリップの絵を描きます。
その横に女の子の絵を描きます。
「それは誰?」とお母さんが尋ねます。
「さっちゃん」と女の子は答えます。(自分の名前です)

さっちゃんはお花の横にへんなものを描きます。

「それは何?」・・・お母さんが尋ねます。

「おばけ・・・」

「これ、わるいおばけなの・・・」

「お花を食べちゃうの・・・」

「さっちゃんも食べられちゃうの・・・・」



「ウェーン、怖いよう・・・・」



お母さんの膝に抱かれて、おばけの絵を描いて、自分で怖がって泣いているさっちゃん・・・


それがいまの私たちの姿なのです。







  • dawn-watcher
  • 2017/05/20 (Sat) 10:56:30
愛と信頼を選択する Re: 存在 意識 至福
dawn-watcherこと管理人様

いつもながら小説のような文章でご教示下さりありがとうございます。

おっしゃる通り母親のように常に見守っていて下さる大いなる存在を背後に感じると、
深い安心感に包まれます。

不安や恐怖の激しい感情に襲われた時も
この大いなる存在を感じて安心感に包まれると
これは自分で描いた夢物語なのだ、自分で描いているのだと冷静に見つめることができます。

すると、不安や恐怖ではなく愛と信頼を選択することができます。

不安や恐怖の感情を抱くとそれが目の前に現実化すると同様、
愛と信頼を選択するとやはり目の前に現実化してきます。

要するに感情も選択することができるので選択するだけだとわかってきました。

母親の膝に抱かれて安心し切って、さっちゃんは愛と信頼の世界を描くのです。

ありがとうございます。
  • アンジュ翠
  • MAIL
  • 2017/05/22 (Mon) 08:21:47
Re: 存在 意識 至福

dawn-watcher様、アンジュ翠様


ナイスなレス、ありがとうございました。

母親とさっちゃん


この逸話を伺って、マザーテレサが言ったとされる

最後に振り返ると、あなたにもわかるはず
結局は、全てあなたと内なる神との間のことなのです
あなたと他の人の間であったことは一度もなかったのです

を思い出しました。
証明する手立てはありませんが、これは真実だと直感しています。


話は変わりますが、ネットでウロウロしていたら

顕在意識による思考が邪魔しなければ
完璧な潜在意識が一番良いものを常に与えてくれる

というようなメッセージに出逢いました。

潜在意識は、神と読み替えてもよいかもしれません

では逆に顕在意識、思考とはなんでしょうか。エゴと表現してもよいのかもしれません
その役割は、このメッセージだけから読み取ると、ネガティブなものと受け留められそうですが、
私も含めて、地球人類は99%以上、エゴの塊だと推測されます。

顕在意識による思考はなぜわざわざ邪魔するのでしょうか?

邪魔をして、問題を創り出し、その克服をゲーム的に味わい楽しむ
ただ楽しいから

それだけでしょうか?


完璧な潜在意識と、邪魔する顕在意識、エゴとの関係が腑に落ちていない自分
が、まだいます )^o^(


ありがとうございます!

  • 今人
  • 2017/05/26 (Fri) 20:03:40
わざわざ制限だらけの地球に生まれて来た Re: 存在 意識 至福
今人さん

>顕在意識による思考はなぜわざわざ邪魔するのでしょうか?

私たちはもともと光の国で何の制限もない自由を謳歌していました。

わざわざ制限だらけの地球に生まれて来た訳は、制限を外して自由になるためなのではないかと
私は思います。

制限だらけの地球に飽きたので、今度は自由に戻ろうと。

強いエゴによる評価、判断、ジャッジがあると、自分で自分に課している物差しや価値観が明確に浮き彫りになって来ます。

私の経験ではエゴがジャッジを下す多くの場合、【ねばならない】【べきである】という、【ネバベキ】の文言となっています。

自分で自分に貼っているレッテル、例えば日本人、女性、妻、母、嫁といったアイデンティティによるもの、趣味嗜好によるこだわり、生活習慣など多岐に渡る物差しがあります。

それらは本当はどうでも良いもの、本来は命の大切さに比べたら良い加減に片付けて良いものです。

自分に自分に課しているこれらの物差しや価値観、制限が一つ一つ外れてくると、
今ここに居るのが楽にできるようになります。

現在から過去、未来をあれこれ忖度する時間とエネルギーを今ここに集中することができるようになります。

創造主として自分の人生を創造することができるようになります。

本来の自分である創造主から無限の祝福を受け取ることができるからです。

私の創造主としての生活はまだ始まったばかりなので、両生類のように陸と水の世界を行き来しながら、慣れて居るところです。

これからどうなるのか、楽しみですね。
  • アンジュ翠
  • MAIL
  • 2017/05/27 (Sat) 00:44:25
Re: 存在 意識 至福

アンジュ翠さんへ


わざわざ制限だらけの地球に生まれて来た訳は、
制限を外して自由になるためなのではないかと
私は思います。

制限だらけの地球に飽きたので、今度は自由に戻ろうと。


そうだと思います
それだけかもしれません

そう納得していない瞬間(エゴがシャシャリ出ているとき)
さえも、ただ見つめてあげて放っておけばよいのかもしれませんね


先般、ご案内いただきました
ナルニア国物語
今日、鑑賞させていただきました

素直に、感動ものです!
何度も涙してしまいました (涙嬉笑)
作者の深く深い愛を、垣間見せていただきました。

ご案内に感謝です!


ありがとうございます!

  • 今人
  • 2017/05/27 (Sat) 17:46:55
エゴがしゃしゃり出ている時は気づきのチャンスRe: 存在 意識 至福
今人さん

エゴがしゃしゃり出ている時は、ご自分の執着やこだわり、価値観を浮き彫りにしてくれているので
気づきの大きなチャンスと言えると思います。

ご自分でご自分に課している枠、制限を外すチャンスですね〜

今度エゴがしゃしゃり出て来たらお試しください。

自由になれること請け合います。
  • アンジュ翠
  • MAIL
  • 2017/05/28 (Sun) 19:24:16
Re: 存在 意識 至福
>>わざわざ制限だらけの地球に生まれて来た訳は・・・

私はスポーツと同じだと考えています。

両手があるのに、手を使ってはいけないと決めてサッカーをする。
ボールを抱えて走ればいいのに、3歩以上動いてはいけないと言ってバスケットボールというゲームが生まれる。
ボールを穴に入れたいなら、手でつまんで運べばいい。それを「手で触ってはいけない、棒で叩け」と言ってゴルフが生まれる。

本来融通無碍の世界にいたのに、時間・空間・寿命などという窮屈な制約を作ることによって、スリルを味わい、緊張感を味わい、達成感を味わう。

それは、私たちの究極の遊びなのだと思います。



でも、もういい加減、こんなサバイバルゲームも飽きてきたなあ・・・というのが今の地球世界だと思っています。




「すべては神の遊び」・・・・インドの古い哲学の言葉です。



  • dawn-watcher
  • 2017/05/29 (Mon) 14:36:38
Re: 存在 意識 至福

アンジュ翠さん


〝自分で自分に課している枠、制限を外すチャンス〟


こころ強いお言葉、ありがとうございます

エゴの出しゃばりがチャンスであるならば、
ひょっとしたら、この世界には殆どチャンスしかない
のかもしれません



dawn-watcherさん


スポーツと同じだと考えています。

両手があるのに、手を使ってはいけないと決めてサッカーをする。
ボールを抱えて走ればいいのに、
3歩以上動いてはいけないと言ってバスケットボールというゲームが生まれる。
ボールを穴に入れたいなら、手でつまんで運べばいい。
それを「手で触ってはいけない、棒で叩け」と言ってゴルフが生まれる。

本来融通無碍の世界にいたのに、
時間・空間・寿命などという窮屈な制約を作ることによって、
スリルを味わい、緊張感を味わい、達成感を味わう。

それは、私たちの究極の遊び…


仰せのとおり、冷静に見れば、そのとおり、ですね
すごく単純化すれば、元々無限の存在である私たちが、
制限を設けることによって、ゲームを創造し、味わい楽しんでいるだけ
ということになりますね


私の本メッセージの趣旨は、無限と制限のポーション
に当てられていましたが、そんなことはどうでもよい
(≒気にしなくてよい)ことなのかもしれません


このやりとりが、多くの私のような迷える子羊たちの参考になれば
望外のよろこびでございます


お二方の深い愛に
感謝申しあげます


ありがとうございます!

  • 今人
  • 2017/05/29 (Mon) 19:13:09

返信フォーム






プレビュー (投稿前に内容を確認)