何故統合失調症患者は同じ間違いを繰り返すのか?その本当の理由
統合失調症患者は何故同じ間違いを繰り返すのか?

統合失調症は脳の糖尿病です
脳神経細胞のニューロンの発火活動のためのエネルギー代謝である
脳の血糖代謝能が著しく低下していることによって
脳の神経細胞の次々と起こるニューロンの発火パターンが異常なものになり
脳のシュミレート不全で正しく思考できなくなり
統合失調症の精神症状である間違った思考パターンを引き起こしているのである

統合失調症とは整合性を持った正しい論理的思考を
「可能にしているもの」である脳のハードウェアのシュミレートのレベルでの障害です

私たちは何かを考える時に 
その整合性を持った論理的思考を「可能にしているもの」に気付くことなく
ただ自分の考えたことだけを認識するのである

私たちは室内から透明なガラス窓の外を横切る鳥を見る時
その鳥を見る事を「可能にしているもの」である透明な窓には気付くことなく
私たちは鳥が近くを通り過ぎることだけを見る

この意識に映し出される対象物である世界とそれについて考える事を
「可能にしているもの」である脳神経細胞のニューロンの発火パターンによるシミュレート自体は
見えない透明なインターフェイスとしての窓であり
透明な窓自体は対象物としては目に見えない

私たちは透明な心の窓を透過した対象物である 
意識に映し出される世界について思考するのであるが
目に見える対象物ばかりにフォーカスするから問題が解決されないのである

精神異常を起こしている原因は
意識に映し出された目に見える対象物や思考ではなく
世界を見る事や考える事を「可能にしているものである」心の内の透明な窓に亀裂が入っていたり汚れたりしていることにあるのです
  • エンジェル・ダスト
  • URL
  • 2017/08/11 (Fri) 15:18:36

返信フォーム






プレビュー (投稿前に内容を確認)