自由意志
なぜ僕が野口氏の本を残してスピリチュアル系の本を全て処分したのか?

スピリチュアル系の本では、
人の心に先行する物質的な脳活動を駆動している、
物理法則による因果的決定論の影響を無視して、
無限大の可能性の選択肢のなかから、
自由意志により、最上級の選択が可能で、
気付きさえすればなんだってできる。

という完全な自由意志があるということを前提にしているからです。

人には心に先行する脳活動によって、
あなたの心に提示された、制限された選択肢の範囲内での、
自由意志はあるのかもしれない。
  • エンジェル・ダスト
  • 2018/06/07 (Thu) 04:38:58
統合失調症患者は自由意志の能力を喪失している
統合失調症患者はプライバシーのない牢獄に居る囚人のような感覚を持つ。
罪悪感を伴いながらネガティブな嫌な考えに心が囚われている。

そのネガティブな考えが止まらない際、
心の内に間違った欲求や衝動が生じた場合、

「それをそのまんま行為や言動として出すか?
適切でないと判断して出すのを差し控えるか?」

という自由意志の能力を喪失している。

そう思ってしまったら自分の欲求のまま短絡的に、
正直にそのまんま言動や行為に出してしまうのである。

これは周囲には迷惑な問題行動として認識される。

これが精神病患者が閉鎖病棟に閉じ込められる理由である。
  • エンジェル・ダスト
  • 2018/06/08 (Fri) 16:54:47
Re: 自由意志
統合失調症患者は精神症状が出ている時は、
心の内での二択の問題に対する、
自由意志の選択能力を喪失している。

相手の些細な一言を、悪い方に捉えてぶちキレて、
「ムカついた」と感情的に、
被害者意識のそのまんま間違った言動や行為をして、
心のコントロールを喪失してしまい、
周囲の人間をメチャクチャにしまう。

自由意志とは心に先行する脳活動が、
心に欲求と共に提示する、
二択以上のまだ決定されていない、
自分で決められる選択肢があることで、

「その欲求のまま言動や行為に及ぶのか?」

「自分一人が我慢すればすべて丸く収まると気付き、
欲求を言動や行為に出すことを差し控えるか?」

といった、二択以上の選択肢が心に浮かび、自分で選べることが自由意志である。

統合失調症患者は心の内でのこの二択の選択肢のうち、
「欲求を言動や行為に出すことを差し控える選択肢」が見えていないです。
  • エンジェル・ダスト
  • 2018/06/13 (Wed) 10:30:16

返信フォーム






プレビュー (投稿前に内容を確認)