【まとめ】統合失調症の妄想の原因は脳のインスリン抵抗性。
食事で糖質を摂取した量に応じて、血糖値が増える。
この血糖は全身の60兆個の細胞の活動エネルギー源として、
細胞内に取り込まれなければならない。

細胞には血糖が入っていくための血糖用のドアがある。
ドアには鍵がかかっていて、
ドアの鍵穴をインスリン受容体と呼ぶ。
細胞のドアを開けるための鍵穴に差し込む鍵を血液中のインスリンと呼びます。

糖質を摂取すると血糖値が上昇して、
血糖を細胞内に取り込むため、
細胞のドアの鍵であるインスリンを膵臓が分泌する。

食事で摂取した糖質の量が多いほど、
血糖を細胞内に取り込むための鍵であるインスリンの分泌量が増えて、
血中インスリン値は増加する。

パン、米、お菓子

など高糖質食品を食べる回数と量が増えると、
常に血糖値が高い状態が持続する。
それに伴い、必要な血液中のインスリン値も高い状態が長時間続くと、
全身の細胞と筋肉や脳に血糖が入っていくための、
細胞の血糖用のドアの鍵穴の感受性が鈍くなってしまう。
血中の鍵である高濃度のインスリンにより酷使された細胞のドアの鍵穴の感度が鈍くなる度合をインスリン抵抗性と呼ぶ。

しかし脂肪細胞のインスリン感受性は比較的保たれる。
筋肉や脳の細胞のドアから入れなかった残りの血糖は全身の脂肪細胞に取り込まれる。
これにより体脂肪が増加して体重が増える。

簡単に言うと、
血中インスリン値が高い状態の継続時間に応じて体脂肪が増加して太っていき、
血中インスリン値が低い時間をキープすると体脂肪が減るのである。

筋肉や脳のインスリン受容体のインスリン感受性を回復させるには、
一日の高糖質な食事の回数を減らして、
糖質を摂取しない時間をキープする時間を設けることである。
血液中の必要インスリン値が低い状態をキープする時間を、
一日の中で作ることで、細胞のドアの鍵穴であるインスリン受容体は修復される。

これによりインスリンの効きが良くなり、
筋肉や脳の血糖代謝能率が高まり、
血糖は運動や心の活動エネルギー源となって体脂肪は減る。

肥満の原因は血中のインスリン値が常に高いことです。
血液中のインスリン値を高める要因は、
食品中の炭水化物とたんぱく質です。

炭水化物とたんぱく質を食べることで、インスリンが分泌されますが。
一日の中で血中インスリン値が高い時間と低い時間を周期的にさせるとよいです。

1時間前にチョコレートチップクッキーを食べたばかりなのに、
今度は菓子パンを食べているといった、
一日の中で頻繁に炭水化物及びたんぱく質を摂取しているというのが、
インスリン抵抗性の原因です。

一日の食事回数が多い事で、
血液中のインスリン値が絶えず高い状態が続くと、
身体は大量のインスリンに常にさらされることで、インスリンに対して耐性ができてしまいます。
すると脳や筋肉にインスリンが効きづらくなることで血糖代謝能率が低下して、
脳や筋肉で代謝できなかった血糖が血液中に増えて血糖値が高くなる。

一時のインスリン分泌量が高いこと自体は有用だが、
常にインスリンが大量に分泌されていると、
インスリン抵抗性体質を発症して体脂肪が増加して肥満する。

肥満を導き出すのは過剰な食欲です。
これは血液中のインスリン値が高い状態が絶えず続き、
脳の視床下部の食欲中枢の受容体がインスリン抵抗性を発症したことが過剰な食欲の原因です。

脳がインスリンに対して感度が鈍くなることで。
脳の血糖代謝能率が低下する。
血糖を取り込みづらくなった脳はエネルギー不足になり、
脳は足りない血糖を求めて、
更に食欲が増し肥満する。

解決策としては、
一日の中で、血中インスリン値が低い時間を意図的にキープすることです。
例えば夕食を18時に食べて、
次の日の朝7時の朝食を食べるまでの13時間は食事をしないことで、
13時間血中インスリン値が低い時間をキープすれば、
脳の受容体のインスリン感受性が回復して、
少ないインスリン分泌でも効き目が良くなります。

それにより朝食の炭水化物とたんぱく質を食べた際、
適量のインスリン分泌で脳や筋肉への効きが良好になり、
血液中の血糖が効率的に脳や筋肉のエネルギー源になり、
心の状態と身体の活動が健康になります。

脳の慢性的なインスリン抵抗性を解除する解決法はあります。

常にインスリン値が高いことが脳の慢性的なインスリン抵抗性を引き起こしますが、
一日24時間の中で、
一時インスリン値が高い時間帯もあるが、
一方長時間インスリン値が低い時間帯もあるといった、
インスリン分泌量のバイオリズム周期を作れば、
周期的にインスリン値が下がっている時間帯にインスリン抵抗性は解除されます。

一番簡単なのは、
夜18時に夕食を食べたら、
次の日の朝7時の朝食までは何も食べない時間を13時間程度は確保することです。
深夜に中途覚醒してあんぱんとかを食べたりさえしなければ、
夜の間はインスリン値が低い時間が長時間続くので、
朝7時に朝食を食べる時間には、すでに脳の受容体のインスリン抵抗性は解除されているのです。
  • エンジェル・ダスト
  • 2019/02/11 (Mon) 12:05:51

返信フォーム






プレビュー (投稿前に内容を確認)